TOP > 個人情報について
「利用者等の個人情報の取扱について」
 社会福祉法人敬仁会は、利用者等の個人情報を適切に取り扱うことは、介護サービスに携わるものの重大な責務と考えます。
 当法人が保有する利用者等の個人情報に関し適正かつ適切な取扱いに努力するとともに、広く社会からの信頼を得るために、自主的なルール及び体制を確立し、個人情報に関連する法令その他関係法令及び厚生労働省のガイドラインを遵守し、個人情報の保護に努めます。
1.個人情報の適切な取得,管理,利用,開示,委託
①個人情報の取得にあたり、利用目的を明示した上で、必要な範囲の情報を取得し、利用目的を通知又は公表し、その範囲内で利用します。
②個人情報の取得・利用・第三者提供にあたり、本人の同意を得ることとします。
③当法人が委託をする医療・介護関係事業者は、業務の委託にあたり、個人情報保護法とガイドラインの趣旨を理解し、それに沿った対応を行う事業者を選定し、かつ秘密保持契約を締結した上で情報提供し、委託先への適切な監督をします。
2.個人情報の安全性確保の措置
①当法人は、個人情報保護の取り組みを全役職員等に周知徹底させるために、個人情報保護に関する規程類を整備し、適切な管理体制を講じます。
②個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失、またはき損の予防及び是正のため、適切な措置を講じ安全対策に努めます。
3.個人情報の開示・訂正・更新・利用停止・削除等への対応
・法人は、本人が自己の個人情報について、開示・訂正・更新・利用停止・削除等の申し出がある場合には、速やかに対応します。これらを希望される場合には、個人情報相談窓口までお問い合わせください。
4.苦情の処理
・当法人は個人情報に関する苦情に対し、適切かつ迅速な処理に努めます。


社会福祉法人敬仁会では、個人情報保護法及び利用者の権利と尊厳を守り安全管理に配慮する「個人情報に関する基本方針」の下、ここに利用者の個人情報の「利用目的」を公表します。
【居宅介護サービス計画(ケアプラン)作成】
1.介護保険のサービスを利用するためには、利用者及び家族の生活に対する意向、健康状態等を把握した上で居宅介護サービス計画を作成する必要があります。
 利用する個人情報の内容
①基本情報に関する項目
 ○氏名、住所、年齢、電話番号、主訴や要望、介護保険被保険者証等
②課題分析に関する項目
 ○健康状態、日常生活動作、認知、介護負担等
③居宅介護サービス計画(ケアプラン)
 ○生活に対する意向、援助方針、解決すべき課題、利用する介護サービス等
④介護保険事務に必要な書類
 ○審査支払機関へ提出する居宅介護支援給付費明細書及び給付管理票
⑤その他
 ○認定調査票、特記事項、主治医意見書、介護認定審査会における判定結果の意見
【上記以外の利用目的】
管理運営業務のうち次のもの
○居宅介護支援業務の維持・改善の基礎資料
○事業所内で行われる事例研究等
○学生等の実習への協力
○外部監査、評価機関等への情報提供
なお、あらかじめ利用者本人の同意を得ないで、利用目的の必要な範囲を超えて個人情報を取り扱うことは致しません。


 ケアプランセンターてんのうは、個人情報の開示,利用停止及び訂正の請求をいただいた場合は、これに回答致します。請求手続き等は以下のとおりです
1.請求の受付担当者
(1)利用者、ご家族、ボランティア、実習生、研修生等の個人情報については、次の者が受け付けております。
    主任介護支援専門員  佐藤 直子
  施設・事業所の苦情受付担当者の氏名は各施設・事業所に別途掲示してありますので、職員にお尋ね下さればご案内致します。
(2)役職員の個人情報については、次の者が受け付けております。
    主任介護支援専門員 中川 まゆみ
(3)上記以外の方の個人情報については、その方のお立場、個人情報の性質により、上記(1)及び(2)の受付担当者のいずれかが対応致します。
2.請求方法
個人情報の開示,利用停止,訂正を請求される方は、受付担当者に個人情報開示等の請求書を提出して下さい。指定の用紙は受付担当者へお申し出下さい。
3.請求への回答
請求があった時は、それを受理した日から原則として10日以内に回答致します。やむを得ない事情により10日以内に回答することができない時は、回答できる日をお知らせ致します。
4.費用
開示を請求された場合で、開示のための資料が必要な時は、その費用として1,100円(消費税込み)を申し受けます。
5.その他
個人情報の保護に関して、苦情,意見,要望等があれば、上記の受付担当者が拝聴させていただきますので、ご遠慮なくお申し出下さい。



社会福祉法人 敬仁会

        理事長  三 浦  亮